HSPは溢れる情報を遮断しよう

どうも週休3日に憧れる週休2日サラリーマン、ゆるめがです。

私も含めHSPの方は何かと敏感になりがちです。

刺激を減らす方がいいとわかっていても

今は情報化社会であること

さらにSNSも発達しているので

情報の洪水にさらされている状態です。

HSPでない人もSNS絶ちをするほど

私たちを消耗させてしまいます。

今回は溢れる情報をうまく遮断して

刺激を減らすことについてまとめます。

少しずつ情報に触れるのを減らす

ここでHSPに刺激が強すぎるので

SNSをやめろとはいいません。

もちろんSNSにはいいところもありますし

ことHSPにはありがたい情報も得られることができます。

何でも少しずつが重要です。

目的がある場合はいいですが

ただ退屈で見ている場合は

工夫してみてはいかがでしょうか。

例えば1日暇つぶしに10回SNSを見ているとします。

その中の1回を違う行動に変えてみるというのはどうでしょうか。

その行動を自分の健康に繋がることだったり

充実感や楽しさを得られるものに置き換えてみる。

それだけでも変わってくるはずです。

無理にやめるのではなく他のことに置き換える

例えばこのブログで紹介している

呼吸法や筋トレ、散歩、パズル、何か書いてみる。

やってみようと思うことであれば

なんでも構いません。

共通しているは

能動的であるということです。

これは実体験ですが

SNSを見るというのは受動的です

ほどほどならいいと思うのですが

受動的なことを繰り返しても

充実感は得られません。

自分から動く能動的な行為を重ねることで

心地よい充実感を得られるとともに

行動をしたことで自己肯定感が

上がるように感じます。

何かを無理にやめるのは難しいですし

返ってストレスになるかもしれませんが

少しだけ別の行動に置き換えるというのは

心身にとてもいい影響を与えます。

まとめ

いかがでしたか?

今回は情報を遮断すること。

そのかわりに能動的な行動に変えることの

大切さをまとめてみました。

情報洪水に溺れることなく

少しずつ自分の心地いい過ごし方を

見つけていきましょう。

コメントを残す