HSPの生きづらさの対処方法

HSP気質を持った方、人生を楽しんでいますでしょうか。人生を楽しめている方は問題ありませんがHSP気質を持った人は非HSPと比べて生きづらさを感じやすいようです。

私はHSP気質だと気づく前にとても生きづらく感じていました。なんだか周りと自分は違う気がしたり、皆が当たり前にしていることに苦痛を感じたりしていました。しかし今となっては生きづらさも解けてきているような気がします。

HSP気質で生きづらさを感じるのは仕方ないことかもしれませんが、日々の心がけで今より少し生きやすくなるかもしれません。

今回は生きづらいといわれるHSPがどうやったら生きやすくなるかのポイントを自分の経験をもとにまとめてみました。

HSPの生きづらさ①考えすぎる

まずHSPが生きづらいひとつが物事に敏感になりすぎて、その結果考え過ぎてしまうことです。考えることは生きていく上で必要なことですが、考えすぎてしまったり、よくない考えがぐるぐる頭の中を回り続けるという人は要注意です。私は元々考えることが好きでしたが、度が過ぎると精神的につらくなってきたり、ひどくなると体調にも影響します。

考えすぎてしまうHSPにおすすめなのは考えない時間を作ることです。ふつうに生きているだけで仕事のこと、家庭のこと、人間関係のことずっと考えていませんか?試しに5分何も考えずにいてください。簡単そうに見えて何も考えないというのは難しくありませんか?

HSPでなくても人は無意識に考え事をしているものです。考えすぎてしまって疲れるHSPだからこそ逆に意識的に考えない時間をつくることで少し生きやすくなります。

具体的な方法としては目を閉じて深呼吸をする。何か考えが浮かんだら、そのことに気づいて考えないようにする。はじめは難しいですが慣れてくると心地よささえ覚えてきます。

HSPの生きづらさ②他人の顔色を伺いすぎる

HSPが生きづらい理由に他人の顔色を伺いすぎることにあります。些細な表情の変化にも敏感なHSPの方は非HSPの人よりなにかと気づいてしまうのです。

いわゆる空気が読める人にはなれるかも知れませんが、自分自身がすぐに潰れてしまいます。また敏感になりすぎて相手が何も思っていなくても「機嫌が悪いかも」とか「何か自分が悪いことをしただろうか」等、勝手に自分自身で勘違いしてしまうことも往々にあります。

このときの対策としては鈍感になることです。繊細で敏感なHSPの方には難しいかもしれませんが、鈍感になる練習をすることをおススメします。

HSPの方であれば相手の言動で「自分が嫌われてしまったのではないか」と感じたとします。そのあとに実は相手は何も思っていなかったなんてことありませんか?

HSPで生きてきた人は他人の表情の変化に敏感かもしれません。しかしHSPの気質がない人はそこまで考えていません。相手の細かな表情まで気にしている人、気がつく人は少ないです。HSPが気にするほど周りは気にしていないということです。つまりHSPは生きているだけで余計な勘ぐりをしているということです。

もちろん面と向かって何かを言われて気にするなとは言いませんが、他人の表情の変化は「気づかなくていいこと」であり「気づかなかった」フリをすればいいのです。

これは練習が必要です。しかし徐々にわかってきます。「気にしすぎ」であることを実際に体に感覚として覚えさせていくのです。

HSPなので気になるのは仕方ないのですが、ワンクッションおいて物事を捉えることができます。

「あの人怒っている感じだったけど、前も同じような場面があったけど自分の勘違いだった」そう思える回数を増やしていくと案外他人の顔色を思い込みで見ていたことがわかってきます。

自分自身が「気にしすぎている」ことに気づいてそれが当たり前になればHSPの気質を持っていてもかなり生きやすくなるはずです。

HSPの生きづらさ③人より疲れやすい

HSPの生きづらさは人より疲れやすいことにもあるといえます。

HSPは疲れやすいからこそ健康習慣を持つべきであると思っています。健康習慣といっても基本の睡眠や栄養などをしっかり取っておくこと。メンタルのバランスが崩れやすいHSPの下支えをしてくれます。

HSPは意識してこまめに休息をとることをおすすめします。身体的、作業的な休息はもちろんですが、先程の考えることをゆるめたりすることも大事です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。生きづらいとされるHSPの方が少しでも生きやすくなれるようまとめてみました。自分自身の経験からまとめていますので参考にならば幸いです。

コメントを残す