HSPというマイノリティをどう生きるか

どうも週休3日に憧れる週休2日サラリーマン、ゆるめがです。

HSPという特性を抱えて、なんとなく生きづらいなと思うことが良くあります。

HSPという特性は5人に1人とも言われています。

そう考えるとそんなに珍しくもないように感じるのですが

そうはいってもマイノリティ、少数派であることには変わりありません。

1億人いたら8000万人はHSPではないわけですから。

ただ最近では書籍やネット上でもHSPの存在が知られてきています。

私もそういった情報から自信がHSPかもしれないということに気づきました。

まだ私も道半ばですが

HSPというマイノリティをどう生きていくか考えてみたいと思います。

まずは心身の健康から

これはもはやHSPであろうとなかろうと関係ありませんが

やはり自身の健康は大事です。

HSPは外部刺激によってストレスをためやすく

また発散も上手にできないこともしばしばです。

まず心身の不調があれば

そういうものだとあきらめずに解消していくことをお勧めします。

このブログでは自身が試してみたメンタルの改善に役立つかもしれない

情報を乗せていますのでご参考にしていただくと嬉しいです。

自分を責めない、否定しない

HSPはその他と比べて

生きていて上手くいかないと思うことも多いかもしれません。

人よりできないと感じていること

それはもしかしたらあなたな個性かもしれないですし

自己嫌悪によって勝手に「できていない」と思っているだけかもしれません。

大事なのは自分を責めない、否定しない。

自分自身をほめてあげましょう。

自分自身を労わってあげましょう。

自分を一番大事にしてあげましょう。

得意なこと、好きなことに関わる時間を増やす

私も長らくそうでしたが人間社会でうまくいかないと

それが自分の人生のすべてだと思い込んで絶望してしまうことがありました。

自己嫌悪が積み重なると視野が狭くなってしまって

元々好きだったこと、得意なことを忘れてしまいます。

まずは心身の健康や自分を大事にすることを行い

少し落ち着いたら得意なことや好きなことをする時間を増やしましょう。

好きなことや得意なことがないという方は

子ども時代を思い出してみましょう。

あなたが夢中になったもの。

そのなかで今もできそうなもの。

楽しめること。

それを見つけると人生が楽しくなってきます。

まとめ

HSPはひとつの個性です。

今生きづらいと感じている人がいるなら今回の方法を試してみてくださいね。

私自身HSPという特性と前向きに付き合っていきたいと思っています。

コメントを残す