休職中にヨガ教室通って良かったこと

休職中にヨガ教室に通うことにしました。

元々、肩こりがひどいこともあってストレッチなどは行っていたのですが、休職して時間もあるのでヨガ教室に通ってみることにしました。

実はヨガ教室に通うことに抵抗がありました。

まず在職中にもヨガではありませんが、日頃の運動不足解消のためにジムに通ったりもしてみたのですがなかなか続かずお金がもったいないということでした。

またヨガといえば女性のイメージがあって男性の自分が通うのは大丈夫だろうか?という点です。

結論からいうとヨガ教室に通って良かったという思いが強いのでその理由をまとめていきたいと思います。

休職中の方はもちろん、ヨガ教室に行くかどうか迷っている人は参考にしてみてくださいね。

休職中にヨガに通って良かったところ① 体を動かせて気持ちがいい

休職中にヨガ教室に通って良かったところの1つ目は体を動かせて気持ちがいいということです。

休職中も体力づくりのためにウォーキングやエアロバイクを行っていました。

休職中にヨガ教室に通い始めたひとつの目的が肩こりの解消でもありました。

ヨガは色んなポーズを行うので普段使っていない体の部分を伸ばしたり、動かしたりするので体全体がほぐれていく感じがして気持ちよかったです。

また通っていたヨガ教室がホットヨガだったので汗も大量にかいて体の血流も上がってスッキリしました。

最初は難しいポーズもありますが、難易度ごとにレッスンが設定されており、その日の体調に合ったヨガに取り組めるのも魅力でした。

休職中にヨガに通って良かったところ② コミュ力が必要ない

休職中にヨガに通って良かったところの2つ目はそれほどコミュニケーション能力が必要でないところでした。

これまでジムに通っていたこともあったのですが、私自身が内向的でコミュニケーション能力が高いわけではないので知り合いを作ることさえできませんでした(今思えば知り合いを作る必要もなかったのですが……)

現在ヨガ教室に通っていますが、生徒さんとあいさつやインストラクターの方と軽くお話するくらいで特にコミュニケーション能力はいりませんでした。

またレッスンスタジオに入ると私語禁止になっていますので、レッスンが始まる少し前に教室についてヨガマットを敷いて寝転んでいました。

ヨガは自分と向き合うことがひとつのテーマであるので私のような内向的な人間でもストレスなく通うことができました。

休職中にヨガに通って良かったところ③ 家以外の場所へ通う練習になる

休職中にヨガに通ってみて良かったところ3つ目は家以外の場所へ通う練習になることです。

休職中にウォーキングや買い物などで外出はしていましたが、どこかへ習慣的に通うことはありませんでした。

最終的には社会復帰を目指しているのでどこかへ通う習慣も必要かなと思いヨガ教室に通った面もあります。

今の世の中なので、オンラインでヨガを教えてもらうこともできますが、わざわざ通うタイプのヨガ教室にしたのはそのためです。

会話こそ頻繁にはないものの、あいさつをしたり、同じ空間で他人といるという状況にも慣れたかったというのもあります。

仕事と比べると全然だと思いますが、それでもヨガ教室まで通い、レッスンを受けて家まで帰るという一連の流れは休職中にも良いと思います。

休職中にヨガに通って良かったところ おまけ 男性も意外といる

休職中にヨガに通って良かったところをまとめてみました。

おまけとして私自身が通っているヨガ教室は圧倒的に女性が多いのですが、意外と男性もいます。

レッスンのときに男性が自分ひとりということもありましたが、おおむね他の男性もいたので意外と通われているのだなという印象でした。

女性はもちろんですが、男性でちょっとという方もヨガ教室はおすすめですよ。

私が通っているのはホットヨガスタジオのLAVAです。

教室によっては女性専用スタジオもありますが、男性利用可能な教室もあります。

私はヨガ教室を探していた時に近くにLAVAがあり、男性も利用可ということだったので勇気をだして体験レッスンを受けてみることにしました。

もちろん女性の方が多いのですが、意外と男性の方もいらっしゃたので通いやすかったです。

またスタジオ内に入ると私語厳禁になっていたのと、ヨガを行う人がみんな自分自身に集中していたので居心地もよかったです。

気になった人は一度LAVAをチェックしてみてくださいね。

この記事が誰かの参考になれば幸いです。

コメントを残す