休職中にボーナスはもらえるのか

休職中にボーナスがもらえるか気になるところですよね。

ただでさえ休職中で収入が減っているのでボーナスがもらえるとありがたいですよね。

でも働いていないのにボーナス支給されるのもなんとなく変な感じがします。

今回は休職中に会社からボーナスがもらえるのかまとめてみました。

休職中にボーナスがもらえるのか 会社の規則による

休職中にボーナスがもらえるかどうかは会社の規則によります。

今現在お勤めされている会社にはよほど少人数の会社でない限り、就業規則というものがありす。

ボーナスが出る会社であれば、就業規則の項目の中に賞与についての記載がありますので確認してみましょう。

また同じ就業規則の中に休職についての記載もあると思われますのでそちらも一緒に確認しましょう。

休職中にボーナスが支給されるかどうかは会社によるというのはこのためです。

ボーナスは一定期間における査定で支給されるので、対象期間内に働いていて、そのあと休職ということであれば支給される場合もあるでしょう。

また査定の対象期間であっても会社の規則で休職者にボーナスを支払わないということであれば支給されないということになります。

休職中にボーナスがもらえるか 私はもらえました

休職中にボーナスがもらえるかですが、今度は私の体験談をお話します。

私の会社は毎年12月にボーナスが支給されるのですが、私自身11月に休職に至りました。

もう少し頑張ってボーナスもらえるまで働こうとしていたのですが、身体の方が限界をむかえてしまいました。

今思えば、お金より健康が大切なのですが、そのときは気づいていなかったのですね。

ボーナスは仕方ないかと諦めていたのですが、結果的に支給されて家計が助かりました。

あとで就業規則を確認してわかったのですが、12月に支給されるのは上期の査定に対するものでした。

つまり上期は私自身会社で働いていたので支給基準を満たしていたのです。

また休職者には支払われないという規則もなかったのでありがたく受け取れたということになります。

そのときはラッキーだと思いましたが、きちんと就業規則を確認していれば当然の権利であったともいえます。

休職中にボーナスがもらえるか ボーナスなもらえなくても傷病手当金は受け取ろう

休職中にボーナスがもらえるかを今回まとめてみました。

会社の就業規則によってはボーナスはもらえないかもしれません。

しかし病気やケガなどで休職している場合で国の健康保険に加入されている方は傷病手当金を受け取りましょう。

もちろん普段もらっていた給与よりは少なくなるかもしれませんが、休職中にはありがたい収入源です。

働いていないのにお金をもらうことに躊躇いを感じる方もいるかもしれませんが、そのお金は元々あなたが納めていた健康保険料です。

もらえる期間や金額の制限はありますが、休職して金銭面に不安がある方は遠慮なく申請して受給しましょう。

この記事が誰かの参考になれば幸いです。

コメントを残す