今話題のサウナ!「ととのう」のか試してみた

どうも週休3日に憧れる週休2日サラリーマン、ゆるめがです。

私は影響されやすい性格でして、心身にいい影響があると言われると大体飛びついてしまいます。

そんな私が今注目しているのが

サウナ!

深夜に「サ道」という各地のサウナに入るだけというドラマが放映されているのですが

見ていると

サウナへ行きたい!

と思わせてくれる内容なのです。

公式サイトはコチラ↓

https://www.tv-tokyo.co.jp/sa_una37/

中でもサウナに入り一連の動作を行うと

「ととのう」

という何とも心地が良い状態になるとのこと。

これは行ってみるしかない!

とりあえず近所のスーパー銭湯へ

というわけで近所のスーパー銭湯へ向かいます。

スーパー銭湯へはよく通っていました。

そのときは大浴場、露天風呂に入るのがメインで

サウナは興味本位でちょこっと入ってみただけでした。

ですが今回はサウナがメイン。

体を洗い、少し入浴をしたら、いざサウナです。

ここでドラマを見ていない方に

サウナで「ととのう」ための手順をご説明いたします。

①サウナに入る
②水風呂に入る
③休憩する

以上を3セット繰り返す。

個人差があるようですが、今回はサウナ8分、水風呂1分、休憩は時間を決めず、以上で行いたいと思います。

サウナ室へ入ろうとしたときに

「ロウリュウ始めます」との声が響き渡ります。

「ロウリュウ」もサ道の劇中に出来るのですが

ただでさえ暑いサウナの中に熱波を起こし

よりサウナの効果を高めようとするものです。

初心者の私は

「ま、まあ、こ、今回は、いいかな……」

というわけで恐怖のあまりスルーしました。

「ロウリュウ」が終わったあと、いよいよサウナ室へ向かいます。

いざサウナ室へ

念願のサウナです。

スーパー銭湯も久々だったのでお湯ももう少し楽しめそうでしたが

本来の目的は達成せねばなりません。

サウナ室の扉をあけます。

……。

……。

……あ、

「熱ーーーーーーっ!!」

暑いではなく「熱い」!

「ロウリュウ」の熱波の余韻がまだ残っていたようで

とにかく熱い!

8分とかとても無理!

助けてー

……。

……。

というわけで早々に退散。

次に水風呂へ。

ドラマではまずかけ湯ならぬ、かけ水をして

「冷たっ」

その後水風呂の浴槽に入っていきます。

まず足。

「冷たっ!」

そして腰。

「冷たっ!!」

そして肩まで。

「冷たっ!!!!!!!!!!」

もう無理!

助けてー

……。

……。

というわけで水風呂も早々に退散。

全然ドラマのようにはいかない。

サウナも水風呂も苦行じゃないか。

そんなもやもやを感じながらも

体を拭き、休憩所へ。

休憩していると先ほどのもやもやが嘘のようにひいていきます。

少し休憩したらもう一度サウナ室へ入ろう。

徐々にサウナが体になじむ

2度目のサウナ室はさっきよりかは幾分まろやかな感じです。

体が慣れたのかロウリュウの熱が冷めてきたのか。

水風呂も2回目となると1回目よりかは抵抗なく入れます。

結果2回目はサウナ6分、水風呂30秒。

休憩所に行くと先ほどのもやもやはなくとても心地よい感じ。

このまま寝てしまいそう。

そして3度目で

ついにサウナ8分、水風呂1分達成。

これで3セット(やや無理矢理ですが)終了です。

果たしてサウナでととのったのか

今回サウナに挑戦してみましたが、

ととのったかどうかはわかりません。

しかし

気持ちは良い!

サウナに定期的に通えば、サウナも水風呂も耐性ができてくると思うので

より心地よいサウナライフが送れるかもしれません。

もしかしたらその時に念願の

「ととのう」を体験できるかもしれません。

あと個人的にサウナより水風呂の方ハードでした。

まだまだ修行が足りませんね

まとめ

サウナと水風呂で気持ちよくなるのは

温冷交代によるものだといわれています。

これも「サ道」の劇中解説で出てくるのですが

熱いサウナ、冷たい水風呂に交互に入ることによって

血管が拡張と収縮を繰り返すので

全身に血液が巡って心地よく感じるとのこと。

サウナも奥が深そうです。

いつか「ととのう」は来るはず。

今後もサウナを楽しみたいと思います。



コメントを残す