HSPはSNSに向いてない?理由と対策まとめ

HSPはSNSに向いていないとよく聞きます。

確かにHSPである私はSNSにずっと触れていると疲れてしまうことが多いです。

HSPはSNSに向いてないのはなぜか?

またHSPがSNSと上手くつきあっていく方法も考えていきたいと思います。

HSPがSNSに向いていない理由

HSPがSNSに向いていないのはどういった理由があるのでしょうか。

まずは情報量が多いことです。

HSPは繊細で敏感であるので同じ情報を得ても

HSPと非HSPでは受け取る情報量が変わってきます。

一度にたくさんの情報が入ってくるとHSPで無くても脳が疲れてしまいます。

特にツイッターなどはスライドすればいくらでも情報が出てきます。

何の気なしに見ていてもその分

SNSとはほどほどに付き合う

まず前提として

SNSとはほどほどに付き合いましょう。

情報過多の時代、SNSはその代表格です。

良い情報もあれば悪い情報もある、本当のこともあれば嘘も混じっていたりします。

あまり深入りしないこと

一日中ずっとSNSに束縛されるのはあまりおススメしません。

ちょっと疲れたなと思ったら

目を閉じて深呼吸をしましょう。

SNSに限らず、何かと情報が多い時代

HSPにとってはストレスになったり疲れにつながってしまいます。

強制的に視覚を遮断して深い呼吸をすることで一旦リセットできます。

日常がSNSにまみれて疲れている方にはこの方法をおススメします。

SNSを上手く使う

あなたがHSPでツイッターを利用しているのであれば

同じHSPの人をフォローすれば

共感やHSPに役立つ知識が得られるかもしれません。

私自身、そのようにツイッターを利用していますが

HSP界隈の人たちは優しいです。

私はツイッターに救われることも多々あります。

HSPに限らず、自分に近しい人をフォローすることで自分にとって有益になることがあります。

まとめ

今回はHSPのためのSNSとの付き合い方についてまとめました。

あまり深入りしすぎず、自分に有用であるように使うことが基本です。

時には情報を遮断したり適度に行うことで上手く付き合えるようになっていきましょう。

コメントを残す