【HSP】人と違うことを恐れなくて良い

どうも週休3日に憧れる週休2日サラリーマン、ゆるめがです。

私自身、HSP気質やその他もろもろの要素によって昔から

どうやら自分は他の人と違うぞ

そう漠然と思っていました。

例えば学生の頃

多くの同世代が興味を持っていたマンガやゲームに興味を持てなかったり

周りが誰も知らない音楽に夢中になったり

同世代と話が合わない!

そんなことが多々ありました。

HSP気質も関係してか

そこになんとなく劣等感を持ち

なんとなく悶々とした日々を過ごしていました。

今考えると人と違うことを恐れていたのです。

今もマイナー要素は変わっていませんが

以前ほど劣等感は感じません。

今回は自身の経験から

人と違うことに恐れない方法をまとめてみたいと思います。

自分の周りだけでは世界が狭い

先に述べた学生時代の劣等感。

この劣等感の原因は自分をとりまく世界の狭さです。

例えばあるマンガやゲームが流行っていているとします。

同級生全員がハマっている訳はないのですがたまたま自分を取り巻くグループではメジャーになっている。

もっと世界を広げればいいのです。

マイナーであることに劣等感を抱くのであればネット上でもなんでもいいので

自分に近い世界をのぞいてみる。

ひいては自分の居心地のいい場所を自ら探してみるのも面白いかと思います。

早めに自分軸を確立できると楽

自分のいる世界が狭いことを知って

自分に近い居場所を探すのが第1段階ですが

可能であれば

誰になんと言われようが

自分の軸を早めに確立できると楽です。

大多数の人と違っていたとしても

自分が楽しめる居心地がいい場所を

確立できると人は強いです。

もし無意識に人と同じでないといけない

そんな考えがあるなら

自分自身に負担を強いてしまいます。

人と違うことに抵抗を感じる人も

いるかもしれませんが

人と違うことに慣れる

また人と違うということすら意識になくなると

自分軸が確立できて生きやすくなります。

方法としては

自分に素直になること。

当たり前にやっているけど

本当に自分に必要か冷静に見つめ直してみることです。

まとめ

今回は人と違うことを恐れない方法をまとめました。

集団生活が多い世の中

自分軸を確立できると一気に楽になります。

少しずつ自分の心の声を優先に

毎日を過ごしてみませんか?

コメントを残す