【HSP】ミスをしても自分を責めない【自己肯定感】

どうも週休3日に憧れる週休2日サラリーマン、ゆるめがです。

みなさん、お仕事にプライベートに忙しいと思います。

ときにはミスをして落ち込んでしまったりしますよね。

私は特に仕事において些細なことから

そこそこ大きなことまで多くミスをしてきました。

すぐに刺激を受けっとってしまうHSPの気質もあって

その都度自分を責めてきました。

そりゃ自己肯定感も下がって、自己嫌悪に陥りますわな

ただ同じミスをしても

私のように重く受け止めない人もいますし

結局は捉え方が重要であるとおもっています。

ここでは

私が実践した

ミスしても自分をなるべく責めない方法をご紹介します。

回数ルールを設ける

私の場合、時によってミスが続いてしまうことがあります。

その度に自分を責めて

もやもやして気持ちで仕事を続けるので

さらにミスをしてしまうという悪循環に陥っていました。

そこで試してみたのが回数ルール。

私の場合は

「5回までのミスはOK」というものです。

一回一回のミスを都度受け止めるのではなく

いわば5回ミスをしてやっと1回のミスとカウントしました。

これが案外うまくいきました。

そもそもミスは誰にでもあることですし

些細なミスの場合は

結果的に誰かからではなく自分で自分を責めていることに気づいたのです。

そして自分に期待しすぎていることにも気づかされました。

これはカウンセリングを訪れたときの話ですが

できない自分を責めて後輩の方が仕事できるんじゃないかと思ってしまう。

こうカウンセラーに相談したときに

「仮に同じミスを自分以外の人がしたとき、あなたはその人を責めますか」

おそらく私はその人を責めません。

「どうして他人の場合は責めず、自分の場合は責めるのでしょうか」

はっとしました。

知らず知らずのうちに自分に期待しすぎていて

その期待に応えられないことに落ち込んでいたのだと

つまり自分に対するハードルを下げることが必要であると感じました。

また回数ルールは

5回ミスをして1回のミスとして捉えるので

精神的にも負担が減りますし

経験上、5回連続してミスすることはほぼありません。

このルールのおかげで

私はかなり楽に仕事に取り組むことができるようになりました。

まとめ

今回はミスによって

必要以上に自分を責めない方法として

回数ルールをご紹介しました。

ミスは誰でもあるとはわかっていながら

自分のこととなると責めてしまいがちです。

こういった方法を使って

落ち着いた毎日を過ごしていきましょう。

コメントを残す