【うつ改善】ストレス対策には散歩がおすすめ

週休3日くらいでゆるく生きたいメガネです。

ただ週休3日に辿り着けるのはまだまだ先のことですね。

週休2日、もしくはそれ以下の週休で働いている皆さん、ストレス溜まっていませんか?

心身ともに健康に生きるためにはストレス対策は必須です。

趣味やスポーツで発散できる人は良いのですが、これといって趣味がない。

ただストレスは溜まっている気がする。

そんな人にオススメなのが散歩です。

散歩を侮ってはいけません。

特に日頃運動していない人は特におすすめです。

私は散歩でうつを改善できました。

今回はストレス対策、うつ対策としての散歩についてポイントをまとめてみました。

とりあえず散歩してみる

私は散歩が大好きですが、そもそもはうつになったときにあれこれ試したうちのひとつでした。

これからおすすめの散歩の仕方を紹介しますが、その前に言いたいことがあります。

まず、とりあえず散歩してみる。

これから下の記事はまず家の周りをぐるりと散歩してからでも構いません。

まず動き出すことが大事です。

ストレスにさらされ過ぎたり、うつがつらいと動くのも億劫になります。

とりあえず家の周りを歩く、何も考えず。

これはとても大切なことで、散歩に限らず、何か作業することによって快感を得られることがあります。

作業興奮ともよばれるそうです。

まずは10分でいいので歩いてみる。

それが散歩のはじめの段階です。

ストレスを感じたら外へ出てみましょう。

効果的で楽しい散歩の仕方

外に出てみましたか?

少し歩いただけでも気持ちは晴れませんか?

最初感じにくい方もいるかもしれませんが、何度か繰り返していると散歩に行きたくて仕方なくなってきますよ。

ここで私が試行錯誤した散歩お楽しみポイントをあげていきます。
・自然を感じる場所を歩く

都市部であれば公園など緑化されている辺りを散歩します。

郊外であれば緑が植わってる道路沿い、川沿いなどがいいでしょうか。

なんとなくわかる方もいるかもしれませんが自然の癒し効果と季節によって変わる楽しみです。

私は当時住んでいた自宅の周りを歩いていました。

1時間ほどのコースのなかに川沿いや畑がある場所、緑が植わっている場所がありました。

これは偶然そういうコースになったのですが、季節を感じることができて無機質なコンクリートだけの道を歩くだけでは感じられない心身の充実感がありました。

・休憩ポイントを途中に入れる

散歩コースの途中にベンチ、トイレ、コンビニなど休憩できる場所は挟み込むと、散歩に慣れていない人にはいいでしょう。

近くに大きな公園があれば、そこを散歩するだけで休憩場所を確保しやすいです。

大きな公園がない場合はコンビニや少し腰かけられるところがあればいいですね。

コンビニは暑いときに飲み物が変えたりするので便利ですね。

シンプルだけど効果絶大な散歩の素晴らしさ

ここまで散歩について書きました。

初めに言った通り、まずは実際に散歩してみる。

日頃運動していない方にとっては、たかが散歩でも結構疲れます。

シンプルですが散歩の効果は絶大です。

・気分の改善

散歩をすることによって、実際に脳にエンドルフィンという物質が分泌されます。

これは気分の改善に作用します。

うつやストレス過多の状態であれば、どうしても気分が落ち込みがちです。

散歩をすることで気分が少しでもよくなれば他の行動も起こしやすくなります。

一度この感覚を味わうと散歩がしたくなってきて習慣になってきますよ。

・血流の改善

うつやストレス過多になると何もしたくなくなり、体を動かす頻度が減っていきます。

体を動かさないと血流が悪くなり、ひどくなると身体的にも影響が出てきます。

血流が悪くなるということは全身に運ばれる酸素が不足するということなので

なんだかだるかったり、頭がぼやっとしたりします。

そんなときは散歩をすることで血流をよくして全身に酸素をいきわたらせましょう。

身体の状態と精神の状態は深く関係していますので

血流を改善することで気分の改善もできるかもしれません。

まとめ

今回は散歩についてまとめてみました。

特にスキルもお金も必要なく始められるストレス対策です。

気軽に始めて、活力が戻ってきたら、また新しいことも始めるといいでしょう。

ストレス対策のまず一歩として

日常に取り入れてみてはいかがでしょうか。


コメントを残す